サンライズ出雲・瀬戸のってみた

旅・グルメ

 

久々更新です。しかも急な旅行記事です。

 

11月後半に急遽東京に行くことになりました。

行くことが決まったのが2日前の夕方、東京に行く前日は22:30まで関西で仕事。

東京で14時に人に会って15時には帰りの新幹線に乗らないといけない超過酷スケジュール。

せっかく遠出するなら新しい経験がしたいと思い調べたところYouTubeで話題の寝台列車を見つけました。

 

寝台特急サンライズ出雲 A寝台個室シングルデラックス 全区間乗車記【1902特番15】出雲市駅→東京駅 2/18-05 – YouTube

 

スーツさんという電車・旅行にについて詳しく説明してくれているYouTuberの方です。

さらに調べてみると超人気の寝台列車です。

年末年始・連休・土日は1か月前に発売されてすぐに売り切れてしまうほどの人気です。

しかし私は11月末の月曜深夜出発。

前日でしたが、B寝台ソロ(禁煙)・B寝台シングル(喫煙)の2つが空いていました。

無事乗車券を買うことが出来たので、電車に興味がないおじさんの初寝台列車体験についてレビューしていきたいと思います。

 

1.サンライズ出雲・瀬戸とは?

2.メリット・デメリット

3.当日の動き

4.まとめ

 

 

1.サンライズ出雲・瀬戸とは?

 

サンライズ出雲・瀬戸とは出雲ー東京間を結ぶ寝台特急列車です。

 

サンライズ瀬戸・出雲 予約:JRおでかけネット (jr-odekake.net)

 

まず上記のサイトで前日の夜にネット予約をしました。

そこで不思議に思った事が「サンライズ出雲とサンライズ瀬戸の違いってなんやねん?」という事です。何も知らない人からするとどっちにのればいいの?という感じですよね。

 

調べてみるとサンライズ出雲・瀬戸の違いは運行区間です。

サンライズ出雲は【出雲ー東京】間を運行

サンライズ瀬戸は【高松ー東京】間を運行

2つは岡山で連結されます。

つまり関西から乗る場合は、車両の違いだけで同じ電車です。

希望の部屋であればどちらでも構わないでしょう。

 

部屋の種類と寝台料金は以下の通りです。

シングルデラックス:¥13730

シングル:¥7560

ソロ:¥6480

シングルツイン:¥9430(補助ベッドは+¥5400)

サンライズツイン:¥15120(1部屋当たり)

のびのび座席:¥540(時期により変動)

 

どうせ寝台列車に乗るならいい部屋で過ごしたいという人もいるでしょう。

しかし今回私はB寝台ソロという最安値の部屋を利用しました。

何故なら大阪発東京着では、ほぼ寝るだけだからです。

大阪出発が0:33、東京到着が7:08

うん、寝ましょう。

個室に入り、すぐ車掌さんが切符の確認に来ます。

そして荷物の整理や着替え、トイレ、歯磨きなどをしているとあっという間に1時です。

6:45くらいに起きるとしてもロングスリーパーの私は睡眠時間が足りません。

「寝るだけならどの部屋でも一緒じゃね?」と思い今回はB寝台ソロを利用しました。

コメント

  1. […] 前回記事を書いたサンライズ出雲・瀬戸に乗った旅行で利用した「安心お宿プレミア」が使い心地がよかったのでレビューしたいと思います。 […]

  2. […] 「11時OPENからかるまるに行きたい!」という人は、以前紹介したサンライズ出雲・瀬戸を利用して寝ながら東京まで向かう事も出来ます。 […]

タイトルとURLをコピーしました